山田真貴子内閣広報官の夫と息子の名前や顔画像は?経歴がエグい!

山田真貴子内閣広報官の夫と息子の名前や顔画像は?経歴がエグい! 政治
スポンサーリンク

菅総理の息子と7万円もかかる会食接待を受けたとして、山田真貴子内閣広報官が注目されています。

女性はそういったことをしないという考え方かな?おきれいなかたですし。

今回は「山田真貴子内閣広報官の夫と息子の名前や顔画像は?経歴がエグい!」として情報を集めましたので早速行きましょう!

山田真貴子内閣広報官も会食接待受けた!

新たに接待が判明したのは総務審議官だった山田真貴子内閣広報官ら9人で、合計13人が接待を受けていたことになる。調査結果ではこのうち11人について、国家公務員倫理規程上の「利害関係者からの接待」に該当するか、その可能性が高いと認定した。

引用元:ヤフーニュース

【山田真貴子内閣広報官のプロフィール】

  • 生年月日:1960年9月13日(日付未入力
  • 出身地:東京都
  • 学歴:早稲田大学法学部卒業

女性初の内閣広報官として注目されたんですね!

賢い方だったのにちょっと魔が差したのでしょうか?

山田真貴子内閣広報官の夫と息子の名前や顔画像は?

山田真貴子内閣広報官の夫の顔画像と名前はこちらです

山田真貴子内閣広報官の夫の名前は「吉田博史」さんと言います。

【吉田博史さんプロフィール】

  • 生年月日:1964年
  • 出身地:東京都
  • 出身大学:東京大学法学部

また山田真貴子内閣広報官と吉田博史さんの苗字が違うのは、職務上都合がいいから職場では別姓になっているのだと思われます。

また、山田真貴子内閣広報官の息子さんについては情報はありませんでした。

2014年の時点でまもなく高校生になる息子とインタビューに答えていますので、今現在は23歳。

やっと大学生を卒業したあたりでしょうか?

官が利益供与をしていないというなら、官は長男から出させるだけ出させて、ただで飲み食いしたわけだ。タチが悪いね。
そうすると長男に期待させるだけさせて何にもしなかったというんだから、騙したっていう詐欺罪が成立するんじゃないの?
長男にも、会社の財産を無駄に使ったという背任罪が成立するんじゃないのかね?

山田真貴子内閣広報官の経歴がエグい!

山田真貴子内閣広報官は早稲田大学卒業後はすぐに郵政省へ入省。

そのと文部科学省⇒総務省⇒経済産業省を渡り歩き世田谷区政にも携わったこともあるようです。

詳しく書くとエグくなるので、2015年からの経歴をご紹介します。

2015年7月31日:総務省情報通信国際戦略局長[8]。女性初の総務省局長である。
2016年6月17日:総務省大臣官房長[9]。全省庁初の女性官房長である。
2017年7月11日:総務省情報流通行政局長[20][10]
2019年7月5日:総務審議官(国際担当)[12]。女性初の総務審議官である。
2020年7月20日:退官[14]
2020年9月16日:内閣広報官。女性初の内閣広報官である[15]。

引用元:Wikipedia

今後は処分の内容に焦点があてられるんじゃ無いか?

今回11人が処分されるらしいが、倫理規定に違反した場合の処分は決まっていて「減給または戒告」と決まっている。
恐らく戒告で一連の騒動は終わると思うが、あとはこれをマスコミや国民が受け入れるかどうかだと思う。でも、自民党はこれですべて終わりにしたいだろうからこの路線で終わりそう。もっと深く掘り下げて、タクシーチケットや贈答品をもらっていたら「免職、停職」まで行くらしいがこれはどう考えてもないだろ。処分するとは聞こえはいいが、実質はほぼ何もないに等しい。本当につまらないね。

 

ネットの反応

菅政権が早期決着を図ろうとしているが、次々と悪事の数々が明らかになっていく。
特に内閣広報官のNHKに対する圧力は報道の自由を侵すばかりでなく、民主主義を根底から破壊する所業だ。
この政権は安倍国会私物化政権以上の悪なのかもしれない。

山田真貴子は特別職だから…とあるが、接待を受けた当時に遡って国家公務員倫理法違反を適用できないのだろうか。同罪だと思うが…。

どうせ首相や政府の幹部に忖度した結果なので移動位の甘々処分ですまし、ほとぼりが冷めればしれ―と元位の地位に戻るか出世するのでは、前政権や現政権は本当に自浄作用の働かない最低の人たちで構成されていると思う。

官僚の方が当時は利害関係者との認識はなかったと答弁していたが、利害関係者でもない人にワンコインランチならまだしも、7万もの接待をするわけない。
こんな倫理観のかけらもない接待ズブズブの奴らや女子アナと飲んで公用車を不正に使う警官など一部のクズのせいで公務員の印象が悪くなる。

政治
スポンサーリンク
egoego01をフォローする
スポンサーリンク
えごたの森
タイトルとURLをコピーしました